head_logo.jpg  医学部合格AMG-麻布メディカルゲイン-
「かなえます!第一志望合格。医学部合格に必要なすべてをお任せください!」

2013大学別入試問題
「解答速報」 Web即日公開!

●大学別直前予想問題演習~二次対策まで完全対応 現在開講中●

慈恵/日医/順天/昭和I/東医/日大/東邦/岩手/聖マリ/東海の各大学の合格直前対策パックを開講中

【資料請求はこちら

●下記は公開予定大学ですが,入試問題の入手状況により,公開大学数・公開科目数は増減致します。

◆2次対策講座
誰もが何をすれば良いのか悩むところでしょう。ここまで自分の力でやってきた人には最後の一押しを,何をしたら良いのか分からないという人には,緊急の対策案を与えたいと思っています。自分の実力のチェックとしても大いに利用して下さい。詳細はAMG「医学部二次対策講座案内」をご覧下さい。※私大2次対策講座は,1次合格発表と同時に申し込みが殺到する講座が多いため,ご希望の場合にはお早めにお手続き下さい。
◆AMG公式Facebookページを開設しました
入試最新情報満載です。是非ごらんください。→こちら
◆AMG公式ブログを開設しました
AMGの講師室から。受験生必見の情報が満載です。→こちら

2013私立大医学部解答速報

解答速報公開予定大学名 2013年度試験日
英語 数学 化学 生物 物理
愛知医科大学 
01/22(火)
入試問題 入手不可
東邦大学医学部 01/22(火) 入試問題 入手不可
杏林大学医学部 
01/23(水)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
pdf pdf
pdf pdf pdf
順天堂大学医学部
01/24(木)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf
pdf pdf pdf
昭和大学医学部I期 
01/25(金)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf
pdf pdf pdf
日本医科大学 01/28(月)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf
pdf - pdf
聖マリアンナ医科大学 01/29(火)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
-
-
-
- -
東京女子医科大学 01/31(木)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
-
pdf
-
- -
東海大学医学部1日目 02/02(土)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
-
-
-
- -
解答速報公開予定大学名 
2013年度試験日 英語 数学
化学 生物 物理
東京医科大学
02/02(土)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
- - - - -
東海大学医学部2日目 02/03(日)
入試問題 英語数学化学物理生物適正
pdf
pdf
pdf
pdf pdf
東京慈恵会医科大学
02/05(火)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf pdf pdf pdf
日本大学医学部
02/08(金)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf pdf pdf pdf
大阪医科大学前期
02/10(日)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
- - - - -
慶應義塾大学医学部
02/21(木)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf pdf pdf pdf
昭和大学医学部II期
03/02(土)
入試問題 英語数学化学物理生物
pdf pdf pdf pdf pdf
大阪医科大学後期
03/10(日)
入試問題 英語・数学・化学・物理・生物
- - - - -
解答速報公開予定大学名 
2013年度試験日
英語 数学 化学 生物 物理

2013国公立大医学部解答速報公開予定

国公立大解答速報は、麻布八雙会解答速報ページへのリンクとなります。
解答速報公開予定大学名 2013年度試験日
英語 数学 化学 生物 物理
東京医科歯科大医学部 2月25日(月) pdf - pdf pdf pdf

東大後期対策~全科目完全対応 【東大後期対策講座案内詳細はこちら


過去のアムス解答速報も
ご覧いただけます。

kako_2012.gif

kako_2011.gif

kako_2010.jpg

【解答速報を上手に利用するために】

  • 1.AMGと同様に解答速報を出している予備校は複数ありますが,中には誤答が数箇所以上あるような解答(とはいえないもの)を平気で公開してしまっている予備校もあります。解答速報はどの予備校のものでも良い訳ではありません。必ず一度は複数社のものを見比べてみて,以降は信頼できる予備校のものを利用することをお勧めします。
    2.解答速報の多くには「合格ライン」が掲載されています。これについて,殆どの予備校では(時間を確保し解答精度を優先するために)多人数で分担して問題を解き,あとでそれらをつなぎ合わせて原稿を作っています。従って,これらは実は受験生の皆さんと同じ制限時間の中で勝負して作られた解答ではなく,何十分もかけて大問1題を解けばよいような非常に余裕のある状態の中で作られた解答なのです。このような状態で解答を作成した人たちは,難易度を低く,合格ラインを高く見積もる傾向があります。下手をすると,時間内に「1人で」解き切ることができないかもしれないようなレベルの人たちが,時間制限という受験生にとって最大のハードルを一切無視して「基本的だった」「分量が適切だった」などと発言しているだけなのです。これに対して,AMGでは,原則2名で速報を作成し,その際,問題を分担して解くことを禁止しています。全員が必ず(制限時間の60~70%程度の時間で)全問を解き,その上で得た「手応え」を昨年のものと比較して講評を作成しています。これによって初めて受験生の皆さんの視点に立った講評を提供できるとともに,このようにして講師の高いレベルを維持しています。解答速報を受け取られた際には,大問ごとに異なる筆跡であったり,異なる解法であったりといった面にまで,注意を払って見ることをお勧めします。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobeR Reader(R)が必要です。
最新のAdobe Reader(R)はアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

get_adobe_reader.gif